日本ラカン協会
ホー ム
設立趣旨
  規 約・役員
入 会方法
  今年度
   活動内容紹介文
年 次大会
研 究会
Workshop
  講演会
 会務報告
  事務局報告
 これまで の活 動
論集 『I.R.S.』
研 究文献目録
 Link
 連 絡先
E-mail
ワー クショップ・講演会

日本ラカン協 会第21回ワークショップのご案内

       ヒステリー復権

 日時: 2016年10月23日(日) 14:00〜18:00
 
場所:東京大学駒場キャンパス18号館3階コラボレーションルーム3
  (〒153-8902 東京都目黒区 駒場3−8−1)
    参加費:無料

 ヒステリーという疾患が精神医学から追放されて久しい。
 アメリカ精神医学会が発行する診断マニュアルDSMの第III版が神経症の概念を解体し、ヒステリーという疾病単位を削除したのは1980年だった。こ れは、精神分析が精神医学に囲い込まれて発展してきた米国での出来事だっただけに、精神分析、とりわけアングロ=サクソン圏のそれに強いインパクトを与え ずにはおかなかった。
 そうした趨勢から比較的自由だったラカン派においても、「ヒステリー」の臨床的地位は1990年代に急速に揺らいでゆく。ジャック=アラン・ミレールに よって1999年に提案された「ふつうの精神病」の概念が巻き起こしたブーム(といっても、実際には一学派内のローカルな流行の域を出ないのだが)や、そ れと並行して進んだ構造弁別的臨床(clinique différentielle)から連続論的臨床(clinique continuiste)へのフォーカスの移動のなかで、ヒステリーの存在感は決定的に失われつつあるように見える。
 だが、ヒステリーはこのまま忘却される運命にあるのだろうか。その点をいまいちど検証してみなくてはならない。今日、ラカン派がヒステリーにアプローチ するさいのひとつのアドヴァンテージは、ディスクールとしての、すなわち、構造化された社会的紐帯のひとつとしてのヒステリーを概念化できることだ。そし てその「ヒステリー者のディスクール」は、ラカンによれば、精神分析が存在するか否かにかかわらず──ということはつまり、仮に精神分析が滅んだとしても ──存在する。自分がどんな価値をもつ対象であるのかを相手が知りたいと思う、そうした相手の欲望を呼び覚ますのがヒステリー者のポジションにほかならな い。そこから再出発して、私たちはヒステリーのいかなる臨床像にたどり着けるだろうか。
 もちろん、現代のヒステリーはフロイトの時代、あるいはラカンの時代のヒステリーともはや同じ姿をしていないかもしれない。だが、ある身体部位に痛みを 抱えて心療内科を訪れ、心身症と診断された女性が、分析家が話を聴いてみると、古典的ともいえるヒステリーのケースであると判明することがある(精神分析 による主体のディスクールの「ヒステリー化」は、しばしばそのような鮮やかな形をとる)。臨床場面以外のところでも、たとえば、サイバネティクスや人工四 肢開発の最先端の成果が、ヒステリー的身体の構造を絶妙に模倣しているように見えることがある。その一方で、同一の薬剤の投与を受けた結果、原因不明の神 経症状に苦しむようになった何十人もの女性たちが、さながらヒステリー者のディスクールを体現するかのように、国や製薬会社という「主」を相手に訴訟を起 こすのを目の当たりにする。おそらく、ヒステリーはけっして消滅したわけではなく、その臨床的・社会的な出会われ方が以前と変わったがゆえに、そうとは見 えない形で潜行しているだけなのだ。それに光を当て直し、ヒステリーをいわば復権させることは、今日の精神分析が果たすべき課題のひとつであるにちがいな い。
 精神分析経験をもつ二人の臨床家とともに、それに臨みたい。
司会:立木康介(京都大学人文科学研究所)


提題
久保田泰考(滋賀大学保健管理センター)
「もし言説がなければ、ヒステリーはないのだろうか?」
‎ 数年来ニューロサイコアナリシスの観点から、ヒステリーの神経科学的基盤について考えてき たのですが、やはり言説という構造なしに脳・神経だけからヒステリーが片付くわけはありません(当たり前ですよね)。というわけで、当日は自閉スペクトラ ムや解離性同 一性障害の事例の経験も交えつつ、ヒステリーの言説について検討を深めたいと思います。

小林芳樹(東尾張病院精神科医師)
「ヒステリーと狂気のあわい(間)」
 精神病と神経症の境界の見極めが困難になってきた背景として、精神病の軽症化と同時に、提題 者は神経症が精神病に接近してきている側面も日常臨床を通じて感じている。この仮説を踏まえて、ワークショップでは2症例をラカン理論に依拠して提示す る。1例目は、当初ヒステリーと診断していたのが、治療が進むにつれてパラノイア構造(治療者が恐怖を感じるほどの転移性恋愛妄想、社会的紐帯からの孤 立)が明らかとなり、治療方針の変更を余儀なくされたケース。2例目は、当初メランコリーの診断の元治療を行っていたのが、やがてヒステリーの構造が隠れ ていることが明らかとなり、この構造を考慮に入れない限り治療が進展しないことを思い知らされたケース。 結局 1例目はヒステリーというよりも社会的紐帯から孤立したパラノイアのケースであり、2例目は慢性的に抑うつや希死念慮を訴えながらもメランコリー者のよう な切迫性はなく、むしろエディプス葛藤が中心で、社会的紐帯ともしぶとくつながっているヒステリーのケース である。これら2症例を通じて、今日におけるヒステリーを考察する好機としたい

以上

 


過去の講演会

  「チャー ル ズ・シェパードソン氏を囲む会」
    チャールズ・シェパードソン氏(ニューヨーク州立大学オルバニー校)
    日時 2008年7月8日(火) 18時30分〜20時
    場所 東京大学 駒場 キャンパス
              18号館4F コラボレーションルーム2
     タイトル  『「憐れみと恐れ」から「恐れと不安」へ:カントとラカン』
     使用言語 英語(質疑応答では必要に応じて通訳いたします)
 
   氏の経歴についてはこちらをご覧ください。

  ア ラン・ジュランヴィル(Alain Juranville)氏講演会
     後援:国際交流基金(The Japan Foundation)
      1. Structure et vérité (構造と真理)
        日時: 2003年11月27日(木) 17:30〜
        場所: 東京大学 駒場キャンパス 2号館 308教室
        使用言語:フランス語
      2. Lacan penseur de l’existence (実存の思索者、ラカン)
        日 時: 2003年11月29日(土) 14:00〜17:30
        場 所: 専修大学 神田校舎 7号館 731教室
        通 訳者: 原 和之(電気通信大学)
      3. L’Autre et le savoir (大他者と知)
        日 時: 2003年12月2日(火) 18:30〜21:00
        場 所: 京大会館 211号室
        通 訳者: 原 和之(電気通信大学)
     詳細はこちらを ご覧ください。

過去のワークショップ

 第21回ワー クショップ
 
タイトル:4(+1)つのディスクール:その読解 と応用
  日時: 2016年7月24日(日) 14:00〜18:00
   場所:専修大学神田校舎7号館774教室
   司会:若森栄樹(獨協大学)
  現代精神分析的思想における「ディスクールの理論」
   提題者:ニコラ・タジャン(京都大学人文科学研究所)
   「四つのディスクール」論の哲学、試論
   提題者: 荒谷大輔(江戸川大学)
 
    詳 細はこちらを ご 覧ください。

 第20回ワー クショップ
 
タイトル:
幻想の臨床
 日時:
2015年 11月1日(日) 14:00〜18:00
 
場所:専修大学神田校舎7号館774教室
  
提題者:春木奈美子(京都大学)
    幻想に公正であること−Être juste avec le fantasme
  
提題者:牧瀬英幹(大西精神衛生研究所附属大西病院)
    如 何にして我々は「不可能なもの」と向き合っていくことができるのか
   −ある統合失調症の事例の検討を通して
  
コメンテータ:立木 康介(京都大学)
  司会:原和之(東京大学)
    
詳 細はこちらを ご 覧ください。

 第19回ワー クショップ
  タイトル: 「欲望と(は)その解釈(である)」を読む
 日時: 2015年7月26日(日) 14:00〜18:00
 
場所:専修大学神田校舎7号館784教室
  『欲望とその解釈』について
   紹介者:原和之(東京大学)
  ∗∗∗

  司会
若森栄 樹(獨協大学)
  エラ・シャープの夢分析について
  提題者:諸岡優鷹(青山学院大学)
  ∗∗∗
  司会若森栄 樹(獨協大学)
  喪の作業における排除の母娘間連鎖―ケースを通して
  提題者:阿部又一郎(東京医科歯科大学)
       小林芳樹(東尾張病院)

   詳 細はこちらを ご 覧ください。

 第18回ワー ク ショップ
  タイトル:「逆転移」の臨床をどのように解釈するべきか
               ―
パトリック・ギヨマールの『ラカンと逆転移』
       (Patrick Guyomard, Lacan et le contre-transfert, PUF, 2011)
  日時: 2014年11月16日(日)13時30分〜17時30分
  場所:専修大学神田校舎7号館784教室
 司会    : 
平野信理事
 コメンテーター:十川幸司会員
  詳 細はこちらを ご 覧ください。

 第17回ワー ク ショップ
 タイトル:「転移」概念へのアプローチ
  日時: 2014年7月27日(日)13時30分〜17時30分
  場所:専修大学神田校舎7号館784教室
 司会    : 伊吹克己(専修大学)
 提題者: 小長野航太(専修大学)
        ラカンにおける転移概念の変遷と神経症の構造
  提題者: 河野一紀(京都大学)
       『饗宴』のラカン的読解―〈もの〉と対象a の中間項としてのアガルマ
 詳 細はこちらを ご 覧ください。


 
第16回ワー ク ショップ
 タイトル:精神分析における「対象」の問題
  日時: 2013年10月27日(日) 14:00〜18:00
 場所:専修大学神田校舎7号館783教室
 司会    : 原和之(東京大学)
 提題者: 荻本芳信(医療法人 アネモス会荻本医院)
         対象aと欲望、ジュイッサンスについて
         ―「不安」のセミネール、さらにその後のラカンの展開
  提題者: 上尾真道(京都大学人文科学研究所学術振興会特別研究員)
        精神分析実践とマゾヒズム―教育のドラマをめぐって
 詳 細はこちらを ご 覧ください。


 
第15回ワー ク ショップ
 タイトル:セミネール第10巻『不安』をめぐって
 日時:2013年7月21日(日) 14:00〜18:00
 場所:専修大学神田校舎 7号館783 

 
司 会 :福田大輔(青山学院大学)
 提題者:鈴木國文(名古屋大学)
  『不安の諸相と対象a―今日の精神科臨床が提起するいくつかの問い』
  提題者:原 和之(東京大学)
 『フロイト=ラカンにおける「不安」の構造』
  詳 細はこちらを ご 覧ください。

 第14回ワー ク ショップ
 タイトル:フロイト=ラカンによる「うつ」
 日時:2012年10月28日(日) 14:00〜18:00
 場所:専修大学神田校舎7号館7834教室(8F)

  タイトル:
フロイト=ラカンによる「うつ」
 
司 会 :原和之(東京大学)
   提題者:
松本卓也(自 治医科大学精神医学教室)
   
フロイトのう つ病論―Aktualneuroseをめぐって―
 提題者:河野 一紀(医療法人 竹村診療所)
   情動の「居心地悪さ」―主体のよるべなさと現代における「うつ」―
  詳 細はこちらを ご 覧ください。



 第13回ワー ク ショップ
   日時: 2012年7月29日(日) 14:00〜18:00
 場所:
専修大学神田校舎7号館731教室(3F)
 
  タイトル:カタストロフィと精神分析―東日本大震災をめぐって
 
司 会 :福田肇(樹徳中高一貫校教諭)
   提題者:斎藤環(爽風会佐々木病院/精神科医)
      原子力の享楽
   提題者:藤田博史(医療法人ユーロクリニーク/精神分析医・形成外科医)
     日本文化のなかの居心地の悪さ
 提題者:彦坂尚嘉(立教大学特任教授・アーティスト)
     FUKUSHIMAARTは可能か?
     ―彦坂尚嘉、糸崎公朗、矢内靖史の作品を媒介に
  詳 細はこちらを ご 覧ください。


 第12回ワー ク ショップ
 日時:2011年10月23日(日) 14:00〜18:00
 場所:専修大学神田校舎7号館774教室(7F)

 タイトル: 「死の欲動」概念の再評価
 提題者 :  福田 大輔 (青山学院大学)
  戦争神経症の発見と死の欲動の〈発見〉
 提題者 : 佐藤 朋子 (東京大学)

  「死の欲動」の導入の歴史的・理論的文脈
   ―フロイト『快原理の彼岸』の構成と主要主題
  提題者 : 向井 雅明 (精神分析相談室)
  フロイトとラカンにおける死の欲動
 
司 会  : 原 和之 (東京大学)
  詳 細はこちらを ご 覧ください。


 第11回ワー ク ショップ
 日時: 2010年8月7日(日) 14:00〜17:00
 場所:
専修大学神田校舎7号館783教室(8F)


 タイトル:"Amour et savoir : études lacaniennes"をめぐって
 
コメンテー ター:若森栄樹(獨協大学)
                 十川幸司(十川精神分析オフィス)
                 福田大輔(青山学院大学)
 応答:原和之 (東京大学)

  Kazuyuki Hara, Amour et savoir : études lacaniennes, UTCP, 2011.
  東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター」のWeb上、以下の頁にて仏語原文が参照可能です。

http://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/publications/2011/04/collection_utcp_9/


 第10回ワー ク ショップ
 日時:2010年10月31日(日) 14:00〜17:00
 場所:
専修大学神田校舎7号館774教室(7F)

 タイトル:「後期ラカンへのアプローチ」
 提題者:荻本 芳信 (荻本医院)
         ラカンの sexuation―Savoir du psychanalysteのセミネール
         (1972年6月1日)を中心に
 提題者:上野 修 (大阪大学)
        真理と主体─デイヴィドソンの根元的解釈とラカン
 提題者:原 和之 (東京大学)
     言語と場所―ラカンの「オイラー図」批判から出発して
  司 会 :磯村 大 (金杉クリニック)
  詳 細はこちらを ご 覧ください。


 第9回ワーク ショップ
 日時:2011年8月7日(日) 14:00〜17:00
 場所:
専修大学神田校舎7号館774教室(7F)

  午前の部 10:00〜13:00
    テーマ:「《盗まれた手紙》についてのゼミナール」読解
   (各発表 20〜30分、質疑応答30分)
    発表者:数藤 久美子(大阪市立東生野中学校講師)
    「手紙の宛先−手紙が置き換えられる三つの場所」
    発表者:太田 和彦 (東京農工大学農学府)
    「『《盗まれた手紙》についてのゼミナール』に関する諸言及の整理の試み」
    発表者:中村 亨(中央大学商学部)
    「『《盗まれた手紙》についてのゼミナール』における
        デュパンの<情念の激発>について―空白を埋める想像」

  午後の部 14:00〜17:00
  テーマ:「Lettres―文字・手紙・文学」
  (各提題40 分、質疑応答:全体で60分)
  司会:原 和之(東京大学)
  提題者:河野 智子(明治大学兼任講師)
    「ポーの『盗まれた手紙』とオートマトン」
  提題者:斉藤 毅(獨協大学非常勤講師)
    「文字と時間―1930年代のマンデリシターム」
  提題者:野網 摩利子(東京大学助教)
    「言葉から文字へ/文字から言葉へ─漱石後期小説の運動─」

  
詳 細はこちらをご 覧ください。


 ◇第8回ワークショップ
 日時: 2009年11月1日(日) 15時〜17時
 場所:専修大学神田校舎7号館7階771教室

 
  タイトル:「こども」の情景

 企画・司会: 磯村大
 チューター:芹沢俊介(評論家)

  ディスカッサント:
川崎惣一(北 海道教育大学)・赤坂和哉(カウンセラー)
福田肇(樹徳中高一貫校教諭)・原和之(東京大学)
   詳 細はこちらをご 覧ください。


 ◇第7回ワークショップ
   日時: 2009年6月28日(日)  14:00-18:00
   場所: 専修大学神田校舎7号館(3階)731教室

   発表者:ロディオン・トロフィムチェンコ(Rodion Trofimchenko)

        (武蔵野美術大学博士課程美術理論領域/フリー・キュレーター)
    「イベントとしての美術作品の関係における アート・キュレーティングと批評
    ――
ジョルジュ・ディディ=ユベルマンとジャック・ラカンの幾つかの『キュレー
   ティング上の注目』を基にして」

   "Art Curating and Criticism in Relation to Artwork as Event,
       Based on several “curatorial remarks” by
Georges Didi-Huberman
       and Jacques Lacan"

  発表者:太田和彦(東京農工大学大学院修士課程)
  「宮澤賢治と精神分析 不道徳さと隣りあうために」
  "Miyazawa Kenji et psychanalyse ----
   pour se trouver avec une immoralité"

      司 会   福田肇(フランス・レンヌ第一大学哲学科博士課程)

   第6回ワークショップ
  日時 2008年7月27日(日) 14:00〜17:00
   場所 東京大学駒場キャンパス18号館コラボレーションルーム1
   テーマ:ラカンと日本の現在
   提題者:遠藤不比人(成蹊大学) 
「空虚な日本」という表象の精神分析
――死の欲動の美的/想像的解消について
   提題者:樫村愛子(愛知大学)
 ポストモダン日本社会におけるイマジネールと症候

  第5回ワークショップ
   日時 2007年10月28日(日) 14:00〜17:00
   場所 東京大学駒場キャンパス18号館コラボレーションルーム3

      テーマ:" 『倫理』から『カントとサド』へ "
    提題者 : 佐々木 孝次(専修大学)
         二つの<法>
   提題者 : 志津史比古(専修大学博士課程)
         アンティゴネと〈もの〉の次元 

 
  
第4回ワークショップ
   日時 2007年7月28日(土) 13時〜18時
    場所 東京大学駒場キャ ンパス 1号館108号室

   
  テーマ:
" 「カントとサド」についてのワークショップ "
    提題者: 福田 肇 (レンヌ第一大学哲学科博士課程在籍)
        「カントとサド」〜 快感原則の彼岸の倫理
        " Kant avec Sade
         -- Une éthique au delà du principe de plaisir "
    提題者 : 立木康介 (京都大学人文科学研究所准教授)
        「フロイトとサド」
        " Freud avec Sade "
    提題者 : 中島義道(電気通信大学電気通信学部教授)           
        「道徳法則に対する尊敬と根本悪」
   
詳 細はこちらをご 覧ください。
 

   
第3回ワークショップ
    日時 日時 2006年6月3日(土) 13 :00-18 :00
  
 場所 東京大学駒場キャンパス18号館コラボ レーションルーム3

   提題者 :
保科正章(保科メンタルクリ ニック)
         反復について
         ---ラカン セミネール11巻「精神分析の四つの基本概念」
            第五講「テュケーとアウトマトン」読解
   提題者 :川崎惣一(城西国際大学)
          精神分析におけるファルスのあり方をめぐって
        ----セミネール第5巻を中心に
   
提題者 :原和之(東京大学)
         セミネール第5巻にあらわれる
          ラカンの「ヒステリー」と「強迫神経症」の理解について


   第2回ワークショップ
   日時 2005年6月25日(13:00〜17:00)
           & 2005年6月26日(13:00〜18:00)
    場所 専修大学神田校舎 5 号館多目的ホール

  
 日本ラカン協会主催 精神分析ワークショップ
   ”Lecture & Open Debate”
   シンポジスト:小川豊昭(名古屋 大 学教授、精神分析医)
           斉藤 環 (精神科医)
           藤田博史(精神分析医、美容外科医)
   詳細はこちらを ご覧ください。


   第 1回ワークショップ
    日時 2004年5月8日(土) 14: 00〜16:00
    場所 専修大学神田校舎7 号館782教室

     テーマ:『リアルの倫理』を巡って
     (A.ジュパンチッチ著、河出書房新社刊)
     報告者:川崎惣一(城西国際大学)