日本ラカン協会
ホー ム
設立趣旨
  規 約・役員
入 会方法
  今年度
   活動内容紹介文
年 次大会
研 究会
Workshop
  講演会
 会務報告
  事務局報告
 これまで の活 動
論集 『I.R.S.』
研 究文献目録
 Link
 連 絡先
E-mail
会務・事務局報告

2016年11月5日
2016/2017年度
日本ラカン協会 会務報告
第1号
日本ラカン協会事務局


  1. 第16回大会開催のお知らせ
 別紙の プログラムにしたがって、日本ラカン協会第16回大会を開催いたします。多数の方々の御参加を仰ぎたくお知らせ申し上げます。
 つきましては、会場準備等の都合がございますので、同封 の葉書に大会の御出席の有無を御記入の上、12月5日(月)ま でに御返送下さい。また、連絡先の異動などございましたらあわせて御記入いただければ幸いです。なお、大会参加費の徴収はいたしません。大会開催について 御意見、御質問等ございましたら、当協会事務局までお問い合わせ下さい。
  なお、大会当日の運営にご協力いただける方を募集しております。ご協力いただける方は、どうぞ当協会事務局までご連絡ください。

2. 2016/2017年度現在までの会員の入退会について

入会者:2名
退会者:3名
現在会員数 105名(A会員60名、B会員45名)

3. 機関誌の発行について
  協会機関誌『I.R.S.---ジャック・ラカン研究』第14号につきましては、発行時期が大幅に遅れまして大変申し訳ございません。現在、鋭意編集作業 を進めており大会前にはお送りする予定でおります。どうぞいましばらく、お待ちください。
  第14号の遅れに伴いまして、第15号の編集作業も遅れております。15号に関しましては来年3月末に刊行を予定しております。
  理事会・編集委員会においては、論集発行の遅延解消を目指し、努力を続けておりますので、会員の皆様におかれましては事情をお汲み取り頂き、ご理解のほど なにとぞよろしくお願い申し上げます。

4. 機関誌16号掲載公募論文について
  機関誌第16号に掲載される論文を公募いたします。締め切りは本 年(2016年)12月末日。枚数は、400字詰め原稿用紙で50枚程度。テーマは、ラカンおよび精神分析に関するもの。会員諸氏におかれ ましては、ふるってのご応募をお願いいたします。提出方法等につきましては事務局までお問い合わせ下さい。
   
 5. 大会シンポジウム/ワークショップ/講演会のテーマ及び提題者について
  昨年より理事会においてワークショップの企画を検討してまいりましたが、その結果、今年は、以下に掲げます計2回のワークショップを開催することができま した。理事会では、広く会員の皆様より、テーマ並びに提題者についてご希望、ご提案を募り、会を弾力的に運営していきたいと考えております。そのためもし ご意見等がございましたら、ぜひ事務局までお寄せいただければ幸いです。
   
     ◇第21回ワークショップ
      タイトル:4(+1)つのディスクール:その読解 と応用
       日時: 2016年7月24日(日) 14:00〜18:00
        場所:専修大学神田校舎7号館774教室
        司会:若森栄樹(獨協大学)
       現代精神分析的思想における「ディスクールの理論」
       提題者:ニコラ・タジャン(京都大学人文科学研究所)
       「四つのディスクール」論の哲学、試論
       提題者: 荒谷大輔(江戸川大学)
     
     ◇第22回ワークショップ
      日時: 2016年10月23日(日) 14:00〜18:00
      場所:東京大学駒場キャンパス18号館3階コラボレーションルーム3
     タイトル:ヒステリー復権
     司会:立木 康介(京都大学)
     提題者:久保田 泰考(滋賀大学保健管理センター)
     もし言説がなければ、ヒステリーはないのだろうか?
    ‎ 提題者:小林 芳樹(東尾張病院精神科)
     ヒステリーと狂気のあわい(間)
   
6. 研究会/読書会について
すでに協会ウェッブ並びにEメールにてお知らせしておりま すように、2008年より、協会公認の読書会としまして『エクリ』読書会を継続してまいりました。「精神分析における言葉(パロール)と言語活動(ラン ガージュ)の機能と領野」読解の深化・共有を目的としたものであり、これまでおよそ隔月で開催してまいりました。このたび講師・参加者の都合により、一時 の間休止とさせていただきます。読書会再開は来年4月以降を予定しております。詳細な日時につきましては、あらためてお知らせ致します。参加希望の方には ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご了承いただきますようお願いいたします。

7. メールへの移行について
    すでにお知らせしましたとおり、理事会において、財務状況の改善、事務作業の効率化の観点から、会員の皆様への連絡手段を、可能な範囲でメールに移行することが承認されま した。今後メールでの連絡に移行して構わないとお考えの会員の皆様は、事務局のメールアドレス (sljsecretariat@netscape.net)までその旨お知らせいただくか、大会の出欠返信はがきにメールアドレスをご記入ください。
    お知らせいただいたアドレスについては、協会の連絡以外には利用しません。またアドレスの管理については細心の注意を払って行う所存です。皆様のご理解と ご協力を賜りましたら幸いです。

8. 名簿の追加・訂正について
会員名簿の訂正・追加をお送りいたします。別紙をご参照く ださい。
    他、訂正がございましたら事務局までお知らせ頂ければ幸いです。

9. 会費納入のお願い
 2016/2017年度(2016/10/01-2017/09/30)分の 会費納入をお願いいたします。会費の納入は大会当日会場にても受け付けますが、御欠席の方は同封の郵便振替票にて振替を御利用願います。念のために記載い たしますと、振替口座番号は「00110-9-604146」、 口座名称は「日本ラカン協会事務局」です。
 前年度までの会費未納分に関しましては、 2012/2013年度の金額に未納分の金額をプラスして郵便振替票に記載しておりますので、よろしくお願いいたします。不明な点などございましたら、ご 遠慮なく当協会事務局までお問い合わせ下さい。また、この通知と前後して納付された場合は、行き違いですので御容赦願います。
以上



過 去の会務・事務局報告

  ただいま工事中(
under construction)。し ばらくお待ちください。


            
2016/2017年度  会務報告 第1号  (Word  21KB)

         2015/2016年度  会務報告 第1号  (Word  21KB)
 
            
2014/2015年度  会務報告 第2号  (Word  24KB) 
             2014/2015年度  会務報告 第1号  (Word  21KB)




2008/2009年度  会務報告 第2号  (Word  31KB)
2008/2009年度  会務報告 第1号  (Word  22KB)

2007/2008年度  会務報告 第1号  (Word  22KB)

2006/2007年度  会務報告 第2号  (Word  23KB)
2006/2007年度  事務局報告       (Word  56KB)
2006/2007年度  会務報告 第1号  (Word  23KB)

2005/2006年度  会務報告 第2号  (Word  24KB)
2005/2006年度  事務局報告       (Word  56KB)
2005/2006年度  会務報告 第1号  (Word  21KB)

2004/2005年度  会務報告 第2号  (Word  24KB)
2004/2005年度  事務局報告       (Word  56KB)
2004/2005年度  会務報告 第1号  (Word  22KB)

2003/2004年度  会務報告 第2号  (Word  23KB)
2003/2004年度  事務局報告       (Word  56KB)
2003/2004年度  会務報告 第1号  (Word  22KB)

2002/2003年度  会務報告 第2号  (Word  22KB)
2002/2003年度  事務局報告       (Word  56KB)
2002/2003年度  会務報告 第1号  (Word  22KB)

2001/2002年度  会務報告 第2号  (Word  24KB)
2001/2002年度  事務局報告       (Word  56KB)
2001/2002年度  会務報告 第1号  (Word  20KB)

2000/2001年度  会務報告 第2号  (Word  56KB)
2000/2001年度  事務局報告       (Word  56KB) 
2000/2001年度  会務報告 第1号  (Word  56KB)