日本ラカン協会

 日本ラカン協会
ホーム
設立趣旨
  規 約・役員
入会方法
  今年度
   活動内容紹介文
年次大会
研究会
Workshop
  講演会
 会務報 告
  事務局報告
 これま で の活動
論集 『I.R.S.』
研究文献目録
 Link
 連絡先
E-mail

    日本 ラカン協会へようこそ
         Bienvenue au site de la Société Lacanienne du Japon.

       Welcome to the website of the Lacan Society of Japan.


Last updated : 2017/11/12
Started from : 2000/02/19
Sigmund Freud
(1856 - 1939)
Jacques Lacan
(1901 - 1981)


お知らせ

2017/11/12  日本ラカン協会第17回大会のご案内
日時 : 2017年12月17日(日) 9:00〜18:00
場所 : 専修大学神田校舎7号館731教室(3F)
(〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8)
大会参加費 : 無料

研究発表 9:00〜12:00  (発表時間30分、質疑応答15分)

9:00-9:45    松本 智憲(京都大学大学院 人間・環境学研究科)
ラカンの精神分析における人種・ジェンダーへの視点
フランツ・ファノンの精神病理学を中心に
司会:松本 卓也(京都大学)

10:00-10:45   工藤 顕太(早稲田大学大学院博士課程)
〈父の名〉をめぐる問いと精神分析の大義
司会: 立木 康介(京都大学)

11:00-11:45   萩原 優騎(東京海洋大学 学術研究院海洋政策文化学部門)
「エディプス以後」を議論の前提としてよいのか
社会学の視点からの考察と問題提起
司会: 福田 大輔(青山学院大学大学院)

シンポジウム 14:30〜18:30

エディプス以後

司 会:福田大輔(青山学院大学)

提題:
ンデンブ族の医師によるスキゾ分析
山森 裕毅(大阪大学COデザインセンター)

性の多様性に向き合うラカン:「もう一つのエディプス」から出発して
原 和之(東京大学大学院総合文化研究科)

精神分析の目的=終わり〔les fins〕について(日本における精神分析の可能性)
若森 栄樹(獨協大学名誉教授)

詳細はこ ちらをご覧ください

2017/11/12
2017/2018年度 日本ラカン協会会務報告第1号を掲示しました。
詳細はこちらをご覧ください

2017/09/30
論集『I.R.S.― ジャック・ラカン研究―』第16号刊行!
目次等詳細はこちらをご覧ください


 2016/10/19
『エクリ』読書会休止のお知らせ
 これまでおよそ隔月で開催してまいりました『エクリ』読書会ですが、講師・参加者の都合により、一時の間休止とさせていただきまます。再開は 来年4月以降を予定しております。詳細な日時につきましては、あらためてお知らせ致します。
 参加希望の方にはご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご了承いただきますようお願いいたします。
 
2016/05/07
理事会による今年度活動内容紹介文

2010/05/10 論集の委託販売
このたび(有)書肆心水のご厚意によ り、協会の機関誌の直送代行をお願いできることになりました。これにより機関誌購入のお申し込みは、協会のメールアドレス以外に、書肆心水のサイトを通じ てもできるようになります。発送に関しましては、いずれの場合も書肆心水からの発送となりますので、どうぞご了承下さい(申し込みに際してお伝えいただい た個人情報が、発送以外の目的で使われることはありません)。なお公費でのご購入に関しましては、協会のメールアドレスまでご相談いただけましたら幸いで す。詳細はこちらをご覧ください。

 メール連絡への移行
協会からのご連絡手段について、メールへの 移行を進めています。
移行をお認め頂ける会員の皆様は、事務局メールアドレスまでご連絡下さい。