日本ラカン協会

 日本ラカン協会
ホーム
設立趣旨
  規 約・役員
入会方法
  今年度
   活動内容紹介文
年次大会
研究会
Workshop
  講演会
 会務報 告
  事務局報告
 これま で の活動
論集 『I.R.S.』
研究文献目録
 Link
 連絡先
E-mail

    日本 ラカン協会へようこそ
         Bienvenue au site de la Société Lacanienne du Japon.

       Welcome to the website of the Lacan Society of Japan.


Last updated : 2018/11/17
Started from : 2000/02/19
Sigmund Freud
(1856 - 1939)
Jacques Lacan
(1901 - 1981)


お知らせ

2018/11/17  日本ラカン協会第18回年次大会のご案内

日時:2018年12月16日(日) 9:00〜18:30
場所:専修大学神田校舎7号館731教室(3F)
大会参加費:無料

・研究発表 9:00〜12:00  (発表時間30分、質疑応答15分)
9:00-9:45     桑原 旅人(東京大学)
           可能な性関係の様相──ジョイスとノーラ
         司会:原 和之 (東京大学)
10:00-10:45   番場 寛(大谷大学)
         ラカン理論における「欲望」から「剰余享楽」への展開」
                         司会: 平野 信(こころの分析室・北小田原病院)
11:00-11:45 井上 卓也(京都大学)
                        「具体的なもの」の科学へ:
                        ポリツェルの具体的心理学とラカン(1928-1948)
                        司会: 立木 康介(京都大学)

・シンポジウム 14:30〜18:30
 ポスト〈68 年5 月〉のファルスと女性的なるもの
提題者:
春木 奈美子(京都大学)
 彼岸の女たち──ラカンの女性論に寄せて
佐藤 朋子(金沢大学)
 〈精神分析と政治(プシケポ)〉による「ポスト68年5月」
コメンテータ:花田 里欧子(東京女子大学)
司 会:立木 康介(京都大学)

詳細はこちらをご覧ください

2018/11/17
会員各位 先日郵送いたしました日本ラカン協会第18回大 会についてのプログラムの記載につきまして誤記が見つかりましたので訂正いたします。会員の皆様には大変ご迷惑をおかけしまして大変申し訳ございません。 心よりお詫び申し上げます。 日本ラカン協会事務局    福田大輔

2018/11/17
2018/2019年度 日本ラカン協会会務報告第1号を掲示しました。
詳細はこちらを ご覧ください。

2018/10/07
論集『I.R.S.― ジャック・ラカン研究―』第17号刊行!
目次等詳細はこちらをご覧ください


 2016/10/19
『エクリ』読書会休止のお知らせ
 これまでおよそ隔月で開催してまいりました『エクリ』読書会ですが、講師・参加者の都合により、一時の間休止とさせていただきまます。再開は 来年4月以降を予定しております。詳細な日時につきましては、あらためてお知らせ致します。
 参加希望の方にはご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご了承いただきますようお願いいたします。
 
2016/05/07
理事会による今年度活動内容紹介文

2010/05/10 論集の委託販売
このたび(有)書肆心水のご厚意によ り、協会の機関誌の直送代行をお願いできることになりました。これにより機関誌購入のお申し込みは、協会のメールアドレス以外に、書肆心水のサイトを通じ てもできるようになります。発送に関しましては、いずれの場合も書肆心水からの発送となりますので、どうぞご了承下さい(申し込みに際してお伝えいただい た個人情報が、発送以外の目的で使われることはありません)。なお公費でのご購入に関しましては、協会のメールアドレスまでご相談いただけましたら幸いで す。詳細はこちらをご覧ください。

 メール連絡への移行
協会からのご連絡手段について、メールへの 移行を進めています。
移行をお認め頂ける会員の皆様は、事務局メールアドレスまでご連絡下さい。